1. ホーム
  2. 食事・フード
  3. ≫ドッグフードの正しい保管方法@愛犬にはいつも新鮮なご飯をあげよう!

ドッグフードの正しい保管方法@愛犬にはいつも新鮮なご飯をあげよう!

ドッグフードはどのくらいの大きさを購入していますか?どのようにストックしていますか?私は、無頓着だったので、買い始めた頃は大袋がお得だからと注文していました。

しかし、ドッグフードに含まれる添加物や防腐剤、酸化防止剤が気になった時、保存方法や家での取り扱いは重要なことだと感じました。

今回は、ドッグフードの保管について考えてみました。

ドッグフードは酸化する!酸化の原因

食べ物は、空気に触れると「酸化」していきます。酸化しやすい原因の一つが油です。

ドッグフードの原材料に油はどのくらい使われているでしょうか?ひまわりオイルや大豆オイルなどが多く使われているようです。触った時に手がツルツルしますよね。

お肉もたっぷり入っているのでドッグフードは油がたっぷり含まれています。

酸化したドッグフードを与えてしまうと、次のような症状で体に異常をきたすこともあります。

  • 下痢、嘔吐
  • 皮膚病

愛犬の体のためにも、ドッグフードは新鮮なうちに与えてください。

袋のまま放置は危ない!長期保存のリスク

ドッグフードは次のような場所での保管が望ましいと言われ、実は蛍光灯の光でも酸化しやすくなります。

  • 涼しい
  • 暗い
  • 湿気の少ない

空気に触れない状態での保管も大切で、我が家では、ペットボトルに詰め替えて廊下で保管します。

酸化以外にも間違った保存をすると以下のようなリスクがあります。

  • カビ
  • 害虫
  • 異臭

つまりは「腐った食べ物」と同じ状態になってしまいます。そうなるともうワンちゃんにあげられないので、ストッカーやタッパーを利用して適切な保管をしましょう。

タッパーはパッキン付きのストッカーや真空にできる機能のものがオススメです。私は心配性なので、少量づつを購入しています。

防腐剤などの添加物に使われているもの

我が家にあるドッグフードを見てみると、「ニュートロ ナチュラルチョイス」にはミックストコフェロール、ローズマリー抽出物とあります。これは酸化防止剤ですが、自然由来のものです。

「アカナ」は、特に記載がありません。アカナはたくさんの果物、野菜、植物が入っていることで有名です。調べてみると果物、野菜、植物の持つビタミンとミネラルが酸化防止剤の役割をし、カロチノイドとフラボノイドも酸化防止の役割をしているそうです。

酸化防止剤や防腐剤は、全てが悪い添加物でしょうか?犬の体はとても小さく、ちょっとしたことにも影響を受けます。かわいい愛犬が苦しむ姿は絶対に見たくありません。

しかし、ある程度の利便性のためには、上手に添加物と付き合う覚悟も必要です。そのためには、危険な添加物を知り、天然由来の酸化防止剤や防腐剤も知っておくと見分けに役に立ちます。

【参考】ドッグフードの安心安全を再確認しよう@犬が健康で長生きするために

開封後の品質保持について

最低限の防腐剤や天然の酸化防止剤、参加させない工夫などがされているドッグフードは、開封してからどのくらいで食べさせるものでしょうか?パッケージに印刷されている賞味期限は「未開封で適切な管理をされている場合」の期間になります。

開封すると10日から1ヶ月までには食べきるのが良いとされています。冷蔵庫や冷凍庫で保管すれば、もっと持ちが良くなるんじゃない?そう思いますが、ドッグフードを冷蔵庫で保管することはおすすめできません。

冷蔵庫から出し入れすると、粒が結露し湿気によってカビが発生しやすくなります。ウェットフードなど特別な指示がない限り常温保管をしましょう。

開封したのに食べてくれないドッグフードは保護施設に寄付できる

うちの愛犬はまだ小さい頃はラムをメインにしたドッグフードが大好きでした。しかし、ある日突然食べなくなってしまいました。

ワンちゃんにはよくある事です。食べなかったらすぐお皿を下げるようにしていましたが、全く食べません。しょうがなく、別のフードにしたら食べるようになりました。アレルギーかとも思いましたが下痢などの症状は全くなく原因はわかりません。

問題は、まだ酸化や防腐材を意識しない頃に買ってしまった1キロのフードです。開けたてなので勿体無いなと思っていました。

そんな時、保護犬の譲渡会に行く機会がありました。いただいたチラシには支援物資にドッグフードとあったので聞いてみると、未開封のものとのこと。

しかし、事情を話すと譲渡会で希望していたメーカーである事と、賞味期限内のもので開けたばかりなのでもらっていただくことができました。

ペットシーツやおもちゃを気持ち分だけ一緒にパックして、受け取っていただきました。保護犬施設では子犬用、老犬用、アレルギー食など希望するメーカーやタイプがあるそうです。

基本は、未開封のものがマナーですが、もし勿体無いと思ったら近隣の保護施設に問い合わせてみましょう。

今このご飯がすごい!保存ができる手作りフード

添加物や保存料が心配だから、ドライフードをやめたい、でも、忙しく、作り方も自信がない…保存がきかないから諦めている…そんなパパママに試して欲しいのが『D&W.inc(株式会社D&W)』です。

埼玉にあるペットフード製造会社さんで、手作りごはんをドライにしてあり、お湯でふやかしてあげます。材料の原産地が全て書いてあり、私はこれに出会った時びっくりしました。

手に取って匂いを嗅いでみると美味しそうな匂いがします。これだけ様々な素材をバランスよく調理するのはなかなか難しいので、とても便利です。ちょっとウンチが臭くなりますが食いつきは抜群です。食べてる最中に呼んでも、触っても全く振り返りません。ドライフードが心配な方はぜひ取り寄せてみてください。

タイプはいろいろありますが、保存できるようにフリーズドライになっているので、お湯をかけてふやかします。お野菜が消化されずそのまま出て来る場合は、ふやかし時間を長くすると良いそうです。

人も食べることのできる品質とのことだったので、舐めてみると、塩などの味はなく、素材の風味が強く美味しいものでした。

保存もできて、犬も満足のドライ手作りごはん、ぜひ試してみてください。

まとめ

ドッグフードは保管にとても気を使いますよね。保管のために酸化防止剤や防腐剤をたくさん使っているドッグフードはたくさんあります。

ワンコにあったものを選び、できるだけ体に良いものをチョイスすることをお勧めします。適切に保管をし、いつでも美味しい状態で食べさせてあげましょう。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.