1. ホーム
  2. 食事・フード
  3. ≫犬に生肉はあげても大丈夫?食べさて良い肉の種類や選び方を解説

犬に生肉はあげても大丈夫?食べさて良い肉の種類や選び方を解説

ワンコはお肉が大好きです。最近はドッグフードへの意識も高くなってきました。原材料に「チキンミール」などのものを除外し、「鶏肉」などしっかりと表記してあるものを選ぶ方が非常に多くなっています。

良質なものを食べさせたいと思った時に、生肉はオススメの食材です。栄養分が豊富で犬が安心して食べることができる体に合っています。

では、どんなお肉でも、欲しがるだけあげて良いのでしょうか?今回は生で食べさせるのに適したお肉の種類やあげ方をご紹介します。

犬に食べさせていい生肉

まず、犬が食べることのできる生肉には限りがあります。

鶏肉

馬肉などに比べてカロリーが高く、消化吸収が良いことが特徴です。ドッグフードに使われていることが多いので、食べ親しんでいるワンちゃんも多いと思います。

鶏肉には多くのコラーゲンが含まれ、毛艶が良くなります。価格も安いので、与えやすいお肉にです。

骨は生の場合はあげても大丈夫と言われていますが、小さなワンちゃんや食べ慣れていないワンちゃんには危険なので取り除いてあげた方が良いでしょう。

牛肉

我が家の愛犬が一番大好きなお肉です。さすがに国産和牛とはいかないので…輸入牛肉の脂身がないものを選びます。

脂身は好きで食いつきは良くなりますが、消化不良を起こしやすいので赤身が多く旨味の強いグラスフェッドビーフ(牧草飼育の牛肉)などを選んでいます。

馬肉

今、ワンコ界で大注目の馬肉。低カロリーで高タンパク、カロリーは牛肉の半分ということで好んで与える飼い主さんが多くいらっしゃいます。

ビタミン類が豊富で鉄分、カルシウムなども豊富なお肉になります。

ラム肉

人の食事でも注目されているラム肉は、近年はだいぶ手に入りやすくなってきました。ラム肉には「タウリン」が含まれています。タウリンには疲労回復の効果があるので、体力維持の必要な老犬などにも与えることができます。

代表的なお肉はこう言った種類になります。

最近は鹿肉などジビエも販売されていますが、寄生虫などがきになるところです。適した方法で冷凍処理などをしているメーカーさんもあるので、信頼できる販売先から購入しましょう。

生肉のメリット

生のお肉には様々なメリットがあります。

  • 良い筋肉ができる
  • 消化する力が強くなる
  • 病気にかかりづらい体を作る
  • ウンチがちょうど良くなる

私が実感しているのは、このような点です。生であげるので、酵素やビタミン類、ミネラルやそれぞれのお肉が持つ効果をダイレクトに体に入れることができます。

生肉には、最初は抵抗がありました。しかし、たまにあげるとあっという間に食べてくれます。

ドッグフードを食べてくれない時も生肉をたまに与えると、その後ドライフードをきちんと食べるようになります。お腹の調子がとてもよくなるようです。
【参考】安全でおすすめなドッグフードランキング

生の肉は犬にふさわしい食べ物

私は犬に生肉を与えることは賛成派です。生食、ローフードなどには賛否両論あります。私たち人間の体の感覚からすれば、「生の肉は食中毒が心配」「臭い」「火を通さないと抵抗がある」と感じ積極的に与えない面もよくわかります。

しかし、そもそも犬の体は人間とは違うので、犬の目線で考えなければいけません。

犬の歯は尖っています。本来は、動物の肉を噛みちぎり、骨を噛み砕いて食事をしてきました。また、腸も短く、人の半分ほどです。雑食種ではありますが、肉をメインに食べてきたので短時間で消化ができるためです。

何より、与えた時の喜び方や食べっぷりをみていると「ワンコにとって良いもの」ということがわかります。

初めて与えた時は、与えることを前提としておらず、スーパーで買った牛肉のパックを目を離した際に食べられてしまったことがきっかけでした。

脂身もたくさんついていたのですぐに吐き出すと思って、見守っていたところ、満足そうにベッドに寝っ転がり、いびきをかいて眠り始めました。翌朝のご飯もしっかり食べて、ウンチもしっかりとしたものを出し元気いっぱいです。

よく考えれば、ワンコはお肉が大好きです。品質やお肉の種類をきちんと選べば、コンスタントに与えて良い食べ物になります。

ワンコによって、肉の好き嫌いがあるようなので、食いつきが良く、愛犬にとってぴったりなお肉を見つけてあげましょう。

生肉の形状と量について

ワンコ用の生肉はいくつかあります。我が家は噛み応え、食べ応えを考え、ブロックを2、3個与えます。いくらワンちゃんは肉が適しているとはいえ、生肉だけでは栄養バランスが取れません。ドライフードのトッピングとして与えます。

ブロックでも生肉をそのままカットしたものと、骨や内臓も一緒にミンチして形成したものとあります。形成したワンコ用生肉は、赤身肉だけでは補えないビタミン類、カルシウムやアミノ酸なども含まれているので良質なものも多く販売されています。

生肉は高タンパクで消化吸収に優れています。しかし、絶対に新鮮なお肉を用意しなければいけないので、コストがかかります。完全に生にくを主食にするとコストがかかるので我が家では「生肉=サプリメント」として与えています。

生肉がおっかなびっくり、食べたことがないから不安な方は、少量のミンチから始めてみましょう。消化に問題がなく、愛犬が調子が良い、喜ぶ様子が見られたら取り入れることを検討してみてください。

犬用の生肉の選び方

ワンちゃんに生肉を与えたいと思った時、どこで購入しようか、どんな肉を購入したら良いか迷ってしまうと思います。

前記した牛肉なども、スーパーで販売しているパックのままのものは「加熱用」がほとんどなので若干心配ですよね。量も、どれほど与えて良いか戸惑ってしまうものです。

そんな時は、ワンコフードやおやつの専門店へ出向いてみましょう。大きめの店舗だとフリーザーがあり、冷凍で小分けにした生肉が売っています。

大型犬や運動をよくする、お仕事や訓練をしているワンちゃんでなければ、毎日与える必要はありません。

あげたい時に新鮮なままストックされている真空パックの冷凍生肉なら、あげる時に必要量を安心して食べさせることができます。最近は通販などでも取り扱っているので、小分けの真空パックになっている冷凍の生肉を、活用してみてください。

まとめ

生肉は犬にとって良い食べ物です。しかし、与え方を間違うと苦しめてしまうことになります。

脂が多い肉、安全性がわからない肉、鮮度が良くない肉は与えるべきではありません。ワンちゃんが喜ぶ生肉を選んであげてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.