1. ホーム
  2. 食事・フード
  3. ≫犬のご飯やおやつにもおすすめの秋食材@ワンコも食欲の秋

犬のご飯やおやつにもおすすめの秋食材@ワンコも食欲の秋

夏が終わり、涼しくなってくると美味しいものが増えて来ます。果物や野菜、魚など栄養が豊富で風味がよく、食事が楽しみになりますよね。我が家の愛犬も、この時期はキッチンでウキウキ、ニヤニヤが止まりません。

秋の味覚は、栄養価も高く、夏に疲れた体に嬉しい効果もたくさんあります。今回はワンちゃんと一緒に食べることのできる秋の味覚をご紹介します。

みんな大好き!秋のお野菜

秋の味覚で、ワンちゃんが大好きな野菜はたくさんあります。

  • さつまいも
  • かぼちゃ

これらの食材は甘みが強く風味があり、色々なご飯やおやつに使われています。輸入のドッグフードではバターナッツスカッシュと表記されているものを見かけますが、これもカボチャになり、ビタミンや食物繊維が豊富です。

しかし、食物繊維も多いためお腹に影響が出ることがたまにあります。でんぷん質なのでカロリーにも注意しましょう。せっかくおいしい季節なので、素材そのままでマッシュしてご飯に添えたり、一口サイズでおやつに与えたりするのがオススメです。

我が家の愛犬もカボチャやサツマイモが大好きです。しかし、ご飯に取り入れて多くあげてしまうと、お腹を壊しやすくなります。あげるときは、おやつとして1口だけあげるようにしています。

一度食べると匂いを覚えます。お砂糖やアルコールの入った栗きんとんやスイートポテトなども食べることができると勘違いして食べてしまったり、欲しがったりすることもあります。人のために調理されたものを与えるのはNGなので、つまみ食いなどをされないようにしましょう。

秋の味覚の代表格 きのこもOK!

秋の美味しいものといえば「きのこ」もワンちゃんが大好きお野菜です。

  • しいたけ
  • しめじ
  • 舞茸
  • マッシュルーム

きのこにはβ-グルガンという免疫細胞を活性化する働きがあります。ビタミン類、食物繊維も豊富で体に良い成分がたくさん含まれています。

たまに、人でも起こりうるように、消化不良を起こし、お腹の調子が悪くなることがあります。

どの素材にも当てはまりますが、基本は良質なドッグフードを与えていれば栄養面は十分です。しっかり火を通して小さく切ったり、ポタージュ状にして、与えすぎないように心がけましょう。

秋の果物は栄養満点

秋の果物はたくさんあります。りんごは日頃からあげる機会が多いとおもいます。反対にぶどうは犬には与えてはいけない代表的な食べ物です。

以下の果物は実はワンちゃんが大好きな果物になります。おやつタイムに小さく切ってあげたり、トッピングとして活用してみましょう。

柿はβカロテンやビタミンが多く体にとっても良い果物です。他の果物同様、食物繊維もたっぷり入っています。

同じように秋に出回る干し柿ですが、こちらは干して糖分が凝縮されています。ワンコには甘すぎるので、与えないようにしましょう。

くり

ホクホクして美味しい栗ですが、栗は木の実の種子、ナッツと同じ分類になります。カロリーが少々高いのでごく少量を与える程度にしましょう。

ワンちゃんによっては消化不良やアレルギーを起こすことがあるので、無理に与えないようにしてください。

梨はデザートとしてカットしてそのまま食べますが、サラダやお菓子作りの材料としても親しまれています。ドッグフードに小さく切って混ぜてあげるのも良い与え方です。

水分が多く、カリウムを多く含んでいるため、ドッグランでたくさん遊んだ日やたくさん運動した日にはぴったりです。

みかん

みかんは水分ビタミンが豊富でオススメです。しかし、みかんの袋の皮や白い筋は消化できずにお腹を壊したり、嘔吐の原因になるので中身だけをあげましょう。

果物はどれも甘くてビタミンが多く、ワンコも大好きなものが多いです。

  • 種や硬い皮はあげない
  • よく熟した果物をあげる

あげるときはこの点には注意してください。果物の中には熟していないと毒性が強い場合もあります。

おすすめ!秋のお魚をあげるコツ

秋はお魚も美味しい季節です。比較的手頃な値段で、新鮮な魚が手に入ることもあります。

  • カツオ
  • サバ
  • サンマ

などが特にワンコたちが好むお魚です。

  • よく火を通す
  • 骨を取り除く

これら点に気をつければ与え方は比較的自由です。もちろん干物や濃い味付けをした魚は避けましょう。

この季節、サンマをグリルで焼くとうちの愛犬はキッチンから離れず、ぴょんぴょん跳ねて焼きあがるのを待っています。めったに吠えないのですが、アウアウと要求吠えが止まらなくなってしまいます。

焼いたら、アツアツのうちに骨を取り、頭を外し、あげるときはほぐしたりせず、半身を丸ごとあげるのが我が家流です。

ワンちゃんにお魚や果物、美味しいものをあげると、とても喜ぶ姿が可愛くて嬉しくなりますよね。

ワンコは一度覚えるともっと欲しい、もっと食べたいと要求してきます。食べているものを欲しがったり、お客さんが来た時に欲しがったり、問題行動を起こすことがあるので注意が必要です。

目を離した隙に食べられてしまう、その食材が入っているために食べてはいけない食材も一緒に口にしてしまう事故もあるので十分に注意しましょう。

ワンコに与える時の注意点

本来、ワンコたちはドッグフードだけで十分に栄養が取れています。美味しいものを与えてしまうとドッグフードを食べてくれないことがあります。

我が家の犬は、ヘルニアのリスクやアレルギーがあるので基本はドッグフードでコントロールしています。しかし、美味しいものを食べさせてあげたいですよね。

カロリー過多になったり栄養バランスが崩れることがあるので頻繁にあげることは避けています。たくさん運動をした後などを中心にあげるようにするなど工夫が必要です。

同じように、一般的にワンちゃんが食べられるとされている食材でも、好き嫌いがあったりお腹を壊したり嘔吐することがあります。特に、秋のお野菜や果物は味が強く、食物繊維も多いので様子を見ながらちょっとだけあげるようにしてくださいね。

まとめ

秋の味覚は風味がよくワンコたちは喜んで食べてくれます。しかし、ねだられるままに与えるのは禁物です。

体調やお腹の様子を見ながら少しづつ食べさせてあげましょう。美味しいものを与えすぎてしまうと、ドッグフードを食べなくなることもあります。

良質なドッグフードは、それだけで十分に栄養が取れます。野菜や果物、魚をあげる場合は、ワンコの様子を見ながら、取り入れてみてくださいね。
【参考】【最新版】安全でおすすめなドッグフードランキング

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.