1. ホーム
  2. 食事・フード
  3. ≫初めて犬を飼う人向け!愛犬の健康を守るドッグフードの選び方

初めて犬を飼う人向け!愛犬の健康を守るドッグフードの選び方

ドッグフード

この記事では、これからワンちゃんを飼う予定の方や飼い出したばかりの方に、愛犬の健康を守るドッグフードの選び方をご紹介します。

「餌を与えること」は愛犬を飼う上でも毎日行う大切なことですよね。ワンちゃんにとっても1日の最大の楽しみの1つであることが多いです。そんなドッグフードをどのように選べばいいでしょうか?

ワンちゃんにも好みがある!愛犬とドッグフードとの相性を確認しよう

ドッグフード

愛犬が美味しそうにドッグフードを食べている様子って、とても愛らしいです。そんな姿に癒される飼い主さんも多いはずです。ただし、犬だからといって全てのドッグフードを食べるわけではなありません。

まず、ドッグフードには大きく分けて2種類のタイプがあります。ドライタイプとウェットタイプです。

ドライタイプは主に袋入りの乾燥したもので、一番メジャーなものですね。保管や運搬に便利で、また比較的買い求めやすいことが多いです。

それに対しウェットタイプは主に缶やチルドパック入りのもので、水分を多く含みます。最近では色々な種類のものが発売されています。ドライタイプに比べてワンちゃんの食い付きが良いことが多いです。ただしお値段は高めです。

この他にドッグフードにのせるトッピングや、おやつとして与えるガムや骨など、市販のワンちゃんに与えるものには色々な種類があります。愛犬の食い付きを見ながら一番相性が良いものを選んであげましょう。

ドッグフード

なお、一般的にウェットタイプのドッグフードにはグルテンやゲル化合物などが添加されています。このことにより愛犬の食い付きを良くしているのです。一度缶入りのフードに慣れると、ドライフードを食べてくれなくなるワンちゃんが多いので、トライする順番には注意しなくてはいけません。

安いドッグフードには添加物がいっぱい!できる限り無添加のものを選ぼう

薬

一般的に市販のドッグフードには添加物がたくさん使用されています。着色料、酸化防止剤、酸味料などです。これらが愛犬の健康に悪影響を与えることは言うまでもありませんね。

またワンちゃんは狼を祖先とする動物で、本来動物性のたんぱく質がたくさん必要です。それにも関わらずトウモロコシや小麦など植物性の原料を多く使い、お肉はほとんど入っていないドッグフードが多く見られます。これらの食材はワンちゃんにとってアレルギーの原因となってしまうことも。

とうもろこし

さらに、ドッグフードの原料にはワンちゃんにとって本来必要でないものが使用されていることがあります。それは例えば肉骨粉や畜産副産物などです。一言にお肉と言っても、身体のどの部位が使用されているのか正確に把握することはとても難しいです。

だからこそ、信頼のおけるメーカーから品質の高いドッグフードを購入することが大切になってきます。

【参考】安全でおすすめのドッグフードランキング

こちら(↑)のランキングで掲載しているカナガンチキンやナチュラルドッグフードなどは、無添加の製品ですので、安心してワンちゃんに与えることができます。

なお、カナガンチキンを実際にうちの愛犬(フレブルとミニピン)に与えてみた口コミ体験談は、次の記事でご覧いただけます

【参考】カナガンドッグフードの口コミ@アレルギーが気になる愛犬に食べさせた感想

手作り食派の方は必見!ワンちゃんにとって危険な食品

愛犬の健康のために、そもそもドッグフードではなく手作り食を考えている方もいらっしゃるかもしれません。またドッグフードをメインとして与えつつも、手作りのおやつなどで栄養補給を考えていらっしゃる方も多いと思います。

その場合には、人間にとっては害がなくても犬にとっては危険となる食材を押さえておきましょう。

人間ほど雑食化が進んだ生物はそういないので、人間からしたら平気でもワンちゃんは食べられない食材というのは実は数多く存在します。また人間よりも体重が軽いことが多いので、意外な量で重篤な症状へと繋がってしまうこともあります。

1.ネギ類

玉ねぎ

玉ねぎ、ニラなどのネギ類を与えるのは危険です。量によっては重篤な症状をきたすこともありますので、絶対にやめましょう。また与えなくとも、台所に何気なく置いておいた玉ねぎをお留守番中にワンちゃんが食べてしまった…なんてことの無いようにしてください。

2.カカオ製品

チョコレートやカカオなどのカカオ製品も危険です。特にカカオ含有量の多いビターチョコレートなどは要注意!ワンちゃんによっては板チョコ1枚でも重篤な症状になることもあるので注意が必要となります。

3.ブドウ類

レーズンや生のブドウもワンちゃんによっては腎不全の原因などになります。フルーツには犬が食べられるものと食べられないものが数多くあるので必ず確認しましょう。

その他、犬が食べると危険な食べ物については、次の記事で詳しく解説されています。
【参考】犬に食べさせると危険な食べ物まとめ

犬の体質に合わないないフードは食糞の原因になる可能性がある

犬を飼い出した方が一番驚くのは、ズバリ「食糞」ですよね。かわいい愛犬がウンチを食べている光景はショック以外の何物でもありません。

犬は元々人間に比べて糞を汚いものとして認識する傾向が低いようです。また食糞を全くしない犬もいれば、毎日のようにする犬もいたりと個体差があります。さらにその原因は寂しさ、飼い主さんに構って欲しい、消化し切れなかった栄養を取るためなど様々です。

ドッグフードの種類によっては、ワンちゃんの体質に合わないことがあります。そして体内で消化吸収がうまく行われないため、糞に栄養が残ったまま体外に排出されてしまいます。これを補うために食糞が始まってしまうケースがあるんです。

はじめは栄養補給のつもりがいつしか習慣化してしまうことも。また食糞はタイミングをとって叱るのが難しい行為なので、躾で治すことはとても大変です。食糞防止スプレーなども販売されていますが効果は個体によってまちまちです。

食糞は愛犬の成長とともに落ち着くことも多く、一概にドッグフードが原因とは言えませんが、体質にあったフードを与えるようにしましょう。

ミニピン

この記事のまとめ

以上が愛犬の健康を守るドッグフードの選び方のご説明でした。食事は愛犬の健康で豊かな生活を決定する上でも重要なファクターですね。ぜひ時間をかけて、じっくりと愛犬に合った良いドッグフードを選んであげるようにしてください。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.