1. ホーム
  2. ドッグフードレビュー
  3. ≫ドッグフード・ヒルズプリスクリプション・ダイエット「消化ケアi/d」缶詰タイプを食べさせた感想・口コミ

ドッグフード・ヒルズプリスクリプション・ダイエット「消化ケアi/d」缶詰タイプを食べさせた感想・口コミ

あなたのお家のワンちゃんはどのご飯が好きですか?

我が家の子は好きなご飯を見つけるために随分四苦八苦しました。また、お腹が弱いので合う療法食を見つけるまで時間もかかりました。

今回は食欲のあまりないワンちゃんやお腹の弱い子にオススメの缶詰、ヒルズ プリスクリプション・ダイエット「消化ケアi/d」をご紹介します。
【関連】【最新版】安全でおすすめなドッグフードランキング

季節の変わり目に食欲が落ちた時に

ワンちゃんは、季節の変わり目や環境の変化で体調を崩したり食欲が落ちたりします。獣医さんから特段体に問題がないと言われ、戸惑う飼い主さんも多いようです。

我が家も、元気なのに食欲がなくなったりお腹を壊す癖があります。獣医さんからは神経質にならなくても大丈夫と言われ食事を変えてみること、工夫してみることをオススメされました。

ドライフードはたくさんのブランドを試しました。ヒルズ、ロイヤルカナン、シュプレモ、ニュートロ、アカナなどを試し、混ぜたり味を変えたりしながら今はアカナをメインにあげています。

それでも食べない、下痢をする、吐く、そんなときはこのヒルズプリスクリプションダイエット「消化ケアi/d」の出番です。

最初は獣医さんから別のブランドの違うシリーズの缶詰を出してもらいました。それではあまり改善されず、その時はよくなってもドライフードに戻すとまた同じようになってしまい困っていました。

継続するにも毎食与えられる金額ではなく獣医さんから消化ケア系のフードで相性の良いものがあればそれで良いと言われました。

いくつか試して、困った時あげれば大丈夫という点と、入手しやすさ、やめた途端下痢に戻るなど一時的ではないものだったので今では強い味方です。

ヒルズプリスクリプションダイエット「消化ケアi/d」の中身はどんな感じ?

我が家は体重12キロ、156グラムタイプの缶詰を使います。大きい子や病院の処方によってどのタイプが適しているかは異なるので、その点はご注意ください。

缶詰の中身はチキンと野菜のシチューでとろっとしています。具材は全て柔らかくお米や麦も入っているのが見えます。低脂肪ですが、油はもちろん入っています。

またコーンスターチや小麦も入っているので原材料が気になるときはヒルズのHPを確認しましょう。

缶詰の種類によって内容やカロリーが異なります。スタートするときは獣医さんによく相談して、量や期間などを調整してください。

我が家の愛犬はこれが好きすぎる!

この缶詰はコーンや油など内容に関しては賛否がありますが、我が家の愛犬は大好物です。台所の一番下の引き出しにストックしてあるのですが、その引き出しを開けただけで飛んできます。

ちなみにそこにはシーチキンや豆の缶などのストックもあるので、缶を開けて自分のご飯ではないとわかった時のしょんぼり顔は、いつも笑ってしまいます。

小さな缶なので、1食には足りません。全く食べない日が続く場合はあえて少量でドライフードを足さないのですが、通常はふやかした少量のドライフードにかけてあげます。

1缶が400円ほどなので、頻繁にはあげられません。でも、動物病院にかかりきりになる費用とストレスを考えたら備えておいて損はないと考えています。

食べさせて感じた変化・効果

子犬の時は、ご飯を夢中で食べていました。しかし成犬になった頃からご飯をゆっくり食べたり残したりするようになりました。わがままで食べない時もあります。しかし、そういった時以外はお腹がゆるい、おならがたくさん出る、吐くなどの症状が出ます。

獣医さんに勧められてヒルズの缶詰プリスクリプションダイエットi/dを与えるようになりました。

すると、吐くことは少なくなりました。お腹はすぐには改善されませんが徐々にウンチは固まってきます。

しかし、ドライフードよりも匂いはきつくなります。口コミによっては黒っぽいウンチが出るという話が見受けられますが、愛犬の色はそんなに気になりません。

缶詰や手作りフードを与えると、ドライフードを食べなくなるという心配もありますが、わがままで食べない時、自分のご飯を食べずに人の食べているものは欲しがるなどを始めたらすぐにドライフードのお皿を下げてしまいます。

そうするとご飯の時間は自分のご飯を食べるという習慣がきちんとつきます。あくまで缶詰は特別なもの、としています。

災害などの非常時にも使える!

お腹が弱かったりする時はもちろんですが、我が家の愛犬は長時間の外出やドライブ、長い来客などの時は吐いてしまったりご飯を食べなくなる時があります。

そういった時に予防のために朝ごはんに缶詰をあげておくと吐くことも少なくなります。

また、日頃から食べさせておくことで防災にも役立ちます。賞味期限が長くドライフードのように酸化しないので数日分ストックしておくと安心です。

災害時や何かあった時に環境が変わると犬は大きなストレスを受けます。ドライフードをふやかすお湯もスムーズに手に入らないこともあるかもしれません。

食べなくなってしまったりしないように日頃から食べている缶詰をぜひ非常食としてストックしておきましょう。

あげる前に注意してほしいこと

ヒルズプリスクリプションダイエット「消化ケアi/d」はアマゾンや楽天市場などの通販サイト、大きなペットショップやホームセンターでも手に入ります。

しかし療法食なので、まずは獣医さんに症状を相談して、あげても大丈夫か相談してからスタートしてください。

我が家は同時に食物アレルギーに対応しているロイヤルカナンの「アミノペプチド フォーミュラ ドライ」の療法食に切り替える時もあります。

下痢や嘔吐が続くと小さい体には負担が大きく脱水状態になりがちなので、早めに改善させる必要があります。

ヒルズプリスクリプションダイエット「消化ケアi/d」でうまくいかない時は病院の療法食をもらいます。いざという時食べ慣れないものは口にしないので、たまにロイヤルカナンの「アミノペプチド フォーミュラ ドライ」を与えるときちんと食べてくれます。

困った時も、日常のケアもその子によって変わってきます。食事のケアだけでは解決できない消化器の病気の可能性もあります。病院で必ず診察してもらってから、日常のケアの方針を決めていくことをお勧めします。

まとめ

ワンちゃんの食事は朝と晩、日常的なことです。毎日のことなので食事は絶好のケアのタイミングになります。

ワンコの体にあった食事を選び健康的に過ごせるようにしましょう。療法食は獣医さんに診てもらいながら続けることが効果的です。

大きな病気でなく日常的な食事の工夫が必要な場合は、ぜひ、消化器系にトラブルのあるワンちゃんはヒルズ プリスクリプション・ダイエット「消化ケアi/d」を試して診てくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.