1. ホーム
  2. みんなのワンコ
  3. ≫留守番をした犬がチョコを食べていた!犬を飼う自覚の足りなさが危険を招く

留守番をした犬がチョコを食べていた!犬を飼う自覚の足りなさが危険を招く

我が家の愛犬はミニチュアダックスフンドで名前はプリン、8歳の女の子です。

ミニチュアダックスフンドの特徴で、ヘルニアを警戒しなくてはいけないので、肥満が怖くてあまりおやつはあげていません。ですので、特別好きかどうかは分かりませんが、歯のケアが目的で定期的に食べさせている牛のアキレス腱をあげると、とても喜んでくれます。

性格はとにかく活発で、大きなワンちゃんにも怯えず積極的の遊んでもらおうとし、逆に怯えさせていまうこともあるほどです。

ガトーショコラを500グラムを食べてしまった愛犬

楽しい思い出がたくさんあって一番を探すと困るのですが、心配しすぎて深く記憶に残っているが、予想できなかった場所から、食べてはいけない物を食べてしまい病院にお世話になったことです。

2年前のバレンタインデーの日、妻がガトーショコラを焼いてくれて、家族で美味しく食べていました。ただ、たくさん作りすぎて半分ぐらい残ってしまったんです。

その日は夕方から家族で買い物に出かける用事があったので、ガトーショコラをキッチンにラップをかけて保存して、愛犬をケージにいれてから出かけました。2時間ほどでそて、家に戻るとワンコがケージから出て出迎えてくれました。

ただ、しっかりケージのストッパーを止めていなかったようで自分で開けて出てきたらしく、いたるる所にゴミが散乱し洗濯物も荒らされていて空き巣でも入ったのではないかという状態です。

それを見て嫌な予感がしました…。すぐに台所を見ると、500グラムはあったガトーショコラが全部食べられているではありませんか!しかも、三角コーナーに入っていた生ゴミも食べていたんですね。

生ゴミにはシチューを作ってから出かけたので玉ねぎの芯なども入っていました。玉ねぎをはじめ、ネギ類に含まれている「アリルプロピルジスルファインド」や「硫化アリル」は犬の赤血球を破壊するため、絶対に食べさせてはいけない食品です。

【参考】犬に食べさせてはいけない食べ物まとめ【あげると危険!】

そんな食べてはいけない物を大量に食してしまいすぐに病院へ行こうかと思いましたが、愛犬に変化はなくいつも通り元気だったので、しばらく様子を見てみることにしました。

普段は台所に登る手段はありません。ただ、その日はたまたま隣の部屋に置いてある椅子を。腰の調子が悪かった妻が台所に持ってきて使っていたのです。そのため、椅子を飛び台にしてキッチンに飛び乗る事ができたようでした。

そこに、偶然玉ねぎやチョコレートといった材料を台所に残し、ケージのストッパーをしっかりかけないで出かけるという、考えられない偶然が重なってしまった結果です。

1時間ほどしたらおう吐をしたので、すぐに病院へ直行

様子を見ながら1時間ほど経った頃、少し元気がないような気がしてきてオモチャや牛のアキレス腱にも反応しなくなり、嘔吐したのを見てすぐに病院へ連れて行きました。

先生に事情を説明し管理の甘さを指摘され叱られましたが、普段は穏やかで優しい先生だったのでそんな先生が本当に怒っているのを見て、余計に自分の不甲斐なさを実感し、強く反省しました。

家に残してきた家族からガトーショコラが、家の隅から殆ど残って出てきたと連絡がきました。どうやら、愛犬が食べたのは少量であったため大事に至らなかったようです。ただ、犬を飼う資格のない行動したことには変わりありません…。あの出来事を思い出すだけでも、今でも冷や汗がでる怖かった思い出です。本当に深く反省しました。

それ以来、出かける際は家族全員でチェックし、三角コーナーには食べ物を残さず、家に愛犬だけになる時間を少なくするように心がけ生活しています。

これからも愛犬と一緒にたくさんの楽しい思い出つくり、彼女が少しでも健康で長く生活するため、最低限の犬と生活するルールをしっかり守っていきたいと考えています。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.