1. ホーム
  2. みんなのワンコ
  3. ≫犬用缶詰と川遊びが大好きなうちの柴犬(10歳・メス)の話

犬用缶詰と川遊びが大好きなうちの柴犬(10歳・メス)の話

柴犬

私が買っている愛犬の名前はマロンと言う名前で、柴犬の雑種、年齢10歳の女の子です。好きな食べ物は犬用の缶詰で、最近は缶詰しか食べなくなってしまい非常に困っています。

私は小さい頃からずっと犬を飼いたいと思っていて、中学生になった頃に犬を飼いたいと思い切って親に言ってみました私の提案に親も同意してくれ、地元で開催されていた犬の里親探しに行くことに。

里親探しに行って一番最初に目が合ったのがマロンであり、その瞳がすごく可愛かったので、即決でマロンを買うことになりました。マロンの好きな所は、目がクリクリと可愛く、クリーム色の短い毛はスベスベとしていて、くるりと巻いた尻尾をパタパタとする所です。

おやつのクッキーを投げれば口でキャッチできることが自慢です。マロンを飼っていて一番大変だと思うことは毎日の散歩です。

中学生なりに一生懸命に愛犬のお世話をした当時

柴犬

マロンを飼いたいと言い出したのは私で、当然マロンの面倒も全て見る覚悟はちゃんとあり、私のその姿勢を見て親は飼っていいと言ってくれたんだと思います。その思いを無駄にしないように私は餌やり、毛の掃除や散歩など、自分で出来る限りの事はやってきました。

ですが、その中でも散歩は他の世話よりも凄く大変で、最低でも朝と夕方の2回、1回につき10分から30分くらいかけて長く散歩させていました。

散歩には天候が悪い日以外に休みはなく、私が忙しい日でもマロンが悲しまないために頑張って散歩に行ってはいますが、時々疲れて散歩が適当になっている時があり、マロンに申し訳ない気持ちになります。

マロンとの一番の思い出は旅行での川遊び

そんなマロンとの一番の思い出は、一緒に川に行ったことです。暑い夏の日にマロンに涼しい思いをさせてあげようと、住んでいるところから1時間くらいのところにある小さな川に家族みんなで行くことになりました。

マロンは川を見た瞬間に大喜びしてそのまま川まで走って飛び込んでいきました。初めての川なのにマロンは上手に犬掻きをしながら優雅に川を泳いでいて私はその姿にとても感心しました。

泳ぎ疲れたのか、そのあとマロンはずっと休んでいて少し退屈していたのですが、嬉しそうな顔をしている気がして、それを見た私も嬉しくなってずっとその顔を眺めていました。

濡れたマロンの体をタオルで拭いてあげて、帰りの車では後部座席の方でマロンと一緒に眠ってしまいました。
これが私のマロンとの一番楽しかった思い出です。これからもマロンと一緒にお出掛けしたり遊んだりして、思い出をたくさん作っていきたいと思っています。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.