1. ホーム
  2. ワンちゃんの健康
  3. ≫犬にお酒は与えてはいけない!アルコールのワンコへの危険性

犬にお酒は与えてはいけない!アルコールのワンコへの危険性

ビール

ワンちゃんが傍にいると、ついリラックスしてお酒が進んでしまいます。ついつい酔ってグラスを放置したり、こぼしてしまったりした時、絶対にワンコが口にしないようにしなければいけません。

ワンコにとってお酒は毒で、命を奪うこともあります。そんな、犬sとお酒にまつわることについてご紹介をします。

犬にアルコールは絶対ダメ

絶対に犬にアルコールを与えてはいけません。人間と同じように気持ちが良くなったりコミカルに酔っ払うということは絶対にありません。

人間はアルコールを体内で分解することができます。しかし犬はそもそも分解する酵素を持っていないので、有害なまま体の中を駆け巡ります。

犬にとってアルコールは毒でしかないのです。誤飲すると最悪、命を落とします。大げさに聞こえるかもしれませんが、そのような事故は後を絶たないそうです。

犬はアルコールを欲しがるのか

みなさんのワンコはお酒に興味を示しますか?我が家の愛犬は、一切興味を示しません。私は晩酌頻度は割と高い方だと思います。

しかしグラスに注がれたビールやワインには一切興味を示しません。匂いを嗅いで「嗅いで損した…嫌な匂い…」と嫌そうに立ち去ります。

おかげで、適量で切り上げることができます。お酒臭いままでは、一緒に寝てくれなくなるので…しかし、グラスを倒した、料理中にボトルを倒したなど、ごく稀に事故が起きる瞬間があります。

アルコール嫌いなワンちゃんがほとんどだと思いますが、若いパピーちゃんややんちゃな子は経験不足から興味本位で口にしてしまうことがあるようです。

「お酒は毒だから、犬自身も口にしてはいけないとわかるでしょう…」と考えずに、すぐに「待て」「いけない」をして絶対に口に入れさせないようにしましょう。
【参考】犬に食べさせてはいけない食べ物まとめ【あげると危険!】

アルコールの含まれる日用品

アルコール関連といえば、お菓子など口にするものは想像がつきやすく、アルコールの強いケーキなどは気をつけないといけない!と思われた方も多いと思います。

もう1点、気をつけたいポイントが「アルコールが含まれている日用品」です。

ワンちゃんと暮らしているとお掃除に人一倍手間がかかりますよね。お掃除グッズも細かく増えていくものです。

アルコールの一種に「エタノール」というものがあります。これは、家庭用洗剤や除菌スプレー、除菌ティッシュなどに幅広く使われています。

もちろん、人間の生活にとってはメリットがたくさんあります。安全性も確認されています。しかし製品によっては使用するとツンとした匂いが残ったりするので、ワンちゃんが不快に思うことがあります。

消臭やスプレーなどはワンちゃん専門のものを使用すると安心です。

犬が飲めるお酒があった!

実は、「犬が飲めるお酒」があります。その正体は「甘酒」。

お友達のフレブルは少々デリケートで、季節の変わり目の不調や皮膚の湿疹に悩んでいました。しかし、いつも元気で私にもよく体を触らせてくれます。

しばらくして、いつも通り、触ってお腹を見せてもらうとお腹の赤いプチプチが治っていました。様子を聞くと甘酒を飲ませているとのこと。

「え!お酒は絶対ダメでしょ!」と思ったのですが、よく調べると甘酒にも色々あるようです。

私が知っていたのは『酒粕で作る甘酒』。酒粕で作るのでお酒の香りのありアルコールが含まれていることがほとんどです。

そのフレブルちゃんが飲んでいたのは『米麹の甘酒』。麹なので甘みが強く、アルコールが含まれていないものです。

人間用の甘酒は保存料や甘味料などで調整されているとのこと。今は犬用の甘酒もあるそうです。

甘酒は発酵食品になります。

  • ブドウ糖
  • アミノ酸
  • ビタミン類
  • オリゴ糖

などが多く含まれています。

消化を助けたり、腸内の環境改善にとても良い効果をもたらします。甘みが強く、風味も増すので、ご飯にちょっとプラスすると食べっぷりが良くなります。

しかし、体に良いとはいえ、与えすぎは要注意です。ワンちゃんの大きさにもよりますが、あくまで「1舐め」程度の量にとどめておきましょう。

ちょっとドキッとする「ビール酵母」の文字が!

我が家の愛犬はご飯にトッピングをします。たくさん与えてはいけないのでごく少量で与え、最近は「ふりかけ」を愛用しています。

  • ドライ素材なので保存が楽
  • 日持ちする
  • バランスよく栄養を与えることができる

このようなメリットから、日々のトッピングに愛用しています。

つい先日までカツオのワンコ用ふりかけを使っていたので、いつものお店に買い足しに行きました。すると、廃盤になってしまったとのこと…色々相談して新しいふりかけを購入してみました。

パッケージがなんとも渋い「健康一番」。

裏にはきちんと原材料が記載され、「カツオ(鹿児島産)」などとても丁寧に表記されています。本来は、お湯で溶いて手作りフードとして与えるものですが、我が家ではふりかけにします。

その原材料の中に「ビール酵母」とあります。ビールはダメでしょう!と焦ったのですがよく調べるとビール酵母を愛用しているパパママは多くいらっしゃいます。

  • アミノ酸
  • 食物繊維
  • グルタチオン
  • ビタミン類

このようなものが含まれ、サプリメントとして多くの方が愛用していました。最近のドッグフードは配合されているものが多くなっているようです。

食事で改善されることはたくさんあります。毎日ウンチを拾っていると、「匂いが変」「色が変」「ゆるい」など様々なちょっとした変化に気づきますよね。

そうした時、食事をひと工夫するだけで、しばらくすると「元気ウンチ」になってきます。
ご飯のトッピングを選ぶときは「今何が必要か」をよく考えて与える必要があります。

食欲がないなら、風味が強く食いつきが良くなるように工夫が必要です。慢性的なちょっとした困りごとや、より健康でいてほしいときは、ビール酵母や甘酒などサプリメントを上手にご飯に取り入れていくことも大切だと感じています。

アルコール、お酒は絶対ダメです。しかし、それにまつわる副産物などは意外な効果があることをちょっとだけ知っておくと、選択肢も増えて行きますね。

まとめ

お酒はワンコに与えてはいけません。しかし、お酒の副産物には意外な効用があり、今大きく注目されています。

愛犬の元気のために、上手に取り入れてみてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.