1. ホーム
  2. 飼い方
  3. ≫犬と一緒に寝るのは最高に幸せ@ワンコと一緒の生活

犬と一緒に寝るのは最高に幸せ@ワンコと一緒の生活

フレブル

犬と生活し始めたら一緒の布団で寝たくなりますよね。

しかし、危険、反対という意見もとても多く見られます。衛生面や犬との主従関係、いろいろな理由から寝床を分けることが推奨されています。

実際、犬と眠るメリット、デメリットはどのようなものがあるのかをご紹介します。

一緒に寝ることへの賛否両論

犬と一緒に寝ることに対しては様々な意見があります。しつけに良くない、犬が自分の順位を勘違いする、清潔さが保てないなど不安なことがたくさんあります。

しつけが終わっていないと「分離不安症」になったり、自分が優位だと勘違いをし、わがままな犬になってしまいます。また、抜け毛を放っておいたりノミダニの対策をしていないと、寝床は不潔なものになってしまいます。

愛犬がどんな性格かにもよります。一緒に寝たくてもひとりで自分のケージやサークルでゆっくり眠ることを好む子もいます。家族の中でこの人としか寝ない、と犬が選ぶ場合もあります。無理に一緒に寝ようとせず犬の選択も尊重してあげましょう。

一緒に寝るにはスタート時期がある

子犬が来たらずっと一緒にいたくて、すぐ一緒に寝たくなる気持ちはよく分かります。しかし、子犬は体がきちっと出来上がっていないので動きが鈍いことがほとんどです。

押し潰されたり、ベッドから落ちたりした時に俊敏に動くことができません。怪我などにつながることがあるので、子犬のうちは別々に寝たほうが良いです。

また、トイレのしつけの問題もあります。犬は柔らかい場所でトイレをする習慣があります。ベッドや布団は勘違いしやすいのでトイレトレーニングの妨げになるので注意が必要です。

いつからという具体的な目安はありませんが、成犬になりしつけが終わり、分別がつくようになってからが適切なようです。

犬と寝るメリットはコレ!

犬と一緒に寝るメリットはズバリ、犬も飼い主さんも幸せな気持ちになれることです。

我が家の犬は一緒の布団で眠り、同じ枕で眠る時、大きなため息をつきます。犬の大きなため息はリラックスをしている証拠です。熟睡すると寝言もいうようになります。ワンちゃんによってはいびきをかいて眠る子もいるようです。

飼い主も犬のぬくもりやリラックスした様子にとても癒され、優しく撫で、話しかけているといつのまにか眠りについてしまいます。

リラックスしている犬は、体のあちこちを触らせてくれます。毎日身体中くまなく触っていると、爪が伸びたな、そろそろ耳掃除だな、少し太ったかな、など犬の体で気づくことが多くなります。体調の異変にも気付きやすくなるのでぜひ眠る前にたくさん体を触ってあげてください。

もしワンちゃんが一緒に眠らない、一緒に眠ることは抵抗がある場合は寝室に犬用の寝床をこしらえるだけでも十分お互いリラックスできます。

あくまで、選ぶのは愛犬です。自分のケージで、別室で寝ることを選ぶ場合もあるので、あまりがっかりしないようにしましょう。「自立心のあるお利口さん」なだけで、あなたを嫌っているわけではありません。

衛生面などの工夫が必要

一緒の布団で眠るとき、やはりきになるのは「抜け毛」です、コロコロで取れるような子はまだ掃除しやすいのですが、フレンチブルドッグなどの短毛種は寝具に毛が刺さってしまってお掃除も一苦労です。

寝具の毛を取るためには丸ごとお洗濯が一番です。お布団には必ずシーツをひき、掛け布団にもカバーをしておくことで清潔さが保てます。カバー類は頻繁に変えることになるので洗ってすぐ乾く素材が便利です。

そうはいっても、うちの犬は起毛のシーツが大好きなので、冬はお洗濯がなかなか大変です。そのため少し多めにストックしておくなどの工夫は必要になって来ます。

最近は新しいコインランドリーなどではお布団や毛布の丸洗いができる洗濯機が導入されているので、そのようなサービスも活用してみると寝具のメンテナンスも楽になります。

ノミダニ対策もきちんと行っておきましょう。フロントラインなどは獣医さんに処方してもらえます。日常のワンちゃんのお手入れとしてはきちんとシャンプーやブラッシングをし、特に肛門などは日頃から清潔に保つようにしておきましょう。
【参考】ドッグソープが犬を洗うのに良い理由【おすすめの入手先も紹介】

犬と寝ると朝から晩まで幸せいっぱい!

画像: 180516_犬と生活する幸せを噛みしめる瞬間!犬と一緒に寝ることについて_01.jpg

私はこの子を迎えた時、管理職をしていました。日々とても重圧のある仕事で眠れない日々が続いていました。体調も思わしくなく辛い日々、あまりかまってあげられず子犬の頃は随分辛い思いをさせてしまったと思います。

愛犬が1歳を過ぎた頃、おトイレもきちんとできるようになり、色々聞き分けが良くなった頃に同じ布団で眠るようになりました。まだ仕事もハードで眠れない状態でしたが、犬は同じ枕で寄り添うように毎日眠ってくれました。

暖かい体に顔を寄せて、抱きしめていると自然に眠りにつけるようになり疲れも吹っ飛びます。毎日ぴったりと体をくっつけて眠る瞬間は至福のときです。たまに枕元にいるのを忘れて押しつぶしそうになったり、スペースの取り合いになります。

寝ぼけている愛犬が両手を突っ張って「もっと向こう行って!」と押してきたりする姿はなんとも可愛らしいものです。

朝は私が起きるまで、じっと待っていてくれます。起きると尻尾を振って大あくびをし、ベッドから飛び出す朝からとても元気な姿は一日の活力になります。

まとめ

犬は一緒に暮らすだけでたくさんの幸せをもたらしてくれます。夜疲れて眠る瞬間、そばで一緒に眠ってくれる愛犬の姿は何にも代えがたい幸福です。

ぐっすり眠ったワンコが朝、元気いっぱいにベッドから飛び出していく様子は微笑ましいものです。

せっかくの縁で家族になった大切なワンちゃん、より多くの幸せな時間を過ごせるようちょっとだけ工夫をしてみましょう。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.