1. ホーム
  2. ワンちゃんの健康
  3. ≫愛犬のためのペット保険の選び方と必要性

愛犬のためのペット保険の選び方と必要性

ペット保険

みなさんの大切なパートナーである、ペットたち。いつまでも元気で長生きしてほしいですよね。しかし、生きている限り何があるかはわかりません。

ペットにはわたしたちが利用するような、保険制度がありませんので、病院にかかる場合は全て実費です。定期的な予防や、ちょっとした病気や怪我などの場合は費用の面でもさほど心配はありませんが、重篤な疾患が見つかった場合、大けがをした場合などの命にかかわる病気や怪我をしてしまったら、やはり高額な治療費が必要になります。

そこで、役立つのが「ペットのための保険」です。現在ではさまざまな会社がペット保険を販売していますし、ペットショップで犬や猫を購入した際は、ペット保険への加入をすすめられることも多いでしょう。今回は、いくつかのペット保険についてまとめてみました。

各社ペット保険の特徴

トイプードル

現在運営されているペット保険は、保険会社によって掛け金や仕組み、利用できる検査や病気がそれぞれ違います。各会社の提供するペット保険を比べました。

■各社のペット保険の特徴

保険会社プラン名掛け金加入条件サービスの特徴
アニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃ月々2,450円~
健康な犬・猫のみ犬種によって、月齢によっても掛け金が違う。どうぶつの怪我や病気に対して、診療費の70%、もしくは50%を支払い限度の範囲内で支給。
アクサダイレクトいぬのきもち・ねこのきもち
月々1,680円~
健康な犬・猫のみ(8歳まで)純血種かブリード種・ミックス種(雑種)と年齢によって掛け金が違う。どうぶつの怪我や病気に対して、診療費の70%、もしくは50%を支払い限度の範囲内で支給。
日本アニマル倶楽部プリズムコール
月々3,480円~
健康な犬・猫。またペット保険には珍しく、うさぎ等の小動物・鳥類・爬虫類プランもあり。各プランの保険料は年齢があがっても変わらない。入院の場合は1日1,2000円(年間60日限度)通院の場合は1日6,000円(年間60日限度)の保証あり。
アイペット損保うちの子Web割引を使えば月額990円~健康な犬・猫入院や通院をカバーするタイプの保険と、もしもの時例えば高額な治療費を要する手術などに備えるタイプの保険あり。高額治療費負担の場合は治療費の90%が支給される。

どれも完璧ではない

医療

当たり前のことですが、どの保険も完璧なものはありません。それは人間の保険でも同じことです。月額掛け金を抑えようと思えば補償は当然低くなりますし、高額な掛け金を支払えば手厚い補償があります。

また、生まれつきの疾患などはほとんど適応外ですので、どれだけ掛け金を支払っていても、結局支給されないケースも考えられますので、どの疾患について補償されるのかもきちんと調べましょう。

なお、ほとんどの保険プランは治療費が全額負担されるところはありません。高額な治療費の場合はそれなりに自己負担額も発生しますので、保険に入っていたとしてもお金の準備が必要です。

何を基準に選ぶか

パソコンと女性

ペット保険を選ぶ際には、何を重視するのかが重要になります。日々の治療を補償してもらえるものが良いのか、高額な治療への備えとして入るのか飼い主さんのお財布事情にもよりますが、ペット保険は人間の生命保険と違い、掛け捨てですのでペットに生涯何もおこらなくても掛け金は戻って来ません。

しかし、生き物ですので何があるかは誰にもわかりません。特約プランなどもあるペット保険もありますので、組み合わせで選ぶのもひとつの方法です。

本当に必要なのか?

考える女性

これは、大変難しい問題です。先程も述べましたとおり生き物ですから何があるかは全く想像できません。ペット保険に加入しておいて良かった!と思う人もいれば、必要無かったと思う人もいます。

また、ある程度寿命を見越してシニア期(7歳以上)になってから入るという人もいますし、ペットショップにすすめられるまま加入したが、特に問題も無いので退会した方もいるでしょう。

いずれにせよ、掛け金を命ある限り払い続けるというのは大変です。ペットを飼うにあたって、ペットに対するコストについてどの部分を重要視するのかは各家庭で違ってきます。ペット保険に加入したつもりで、月々掛け金ほどの額をペット貯金として貯蓄にまわすという方法もあります。

ペット保険は、ペット自身に何かあったときのものが主ですが、ペットが他人に危害を加えた時に、その方への補償のための保険もあります。ご近所間の思わぬトラブルなどに役立つ保険です。

まとめ

犬と猫の人形

ペット保険って、本当に沢山あってなかなかこれといったものが選べないのが現状です。しかし、1社1社見ていくと、完璧でないにせよ、よく考えて提案されているプランがたくさんあります。

ここで紹介できなかった他のペット保険もたくさんありますし、どこもたいてい無料で資料請求に応じてくれますので、ペット保険をお考えの方はまずは資料請求をしてみましょう。もしもの時には必ず助けになってくれるペット保険、じっくり吟味してあなたの愛犬にぴったりの保険を見つけてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.