1. ホーム
  2. 食事・フード
  3. ≫ドッグフードを魚ベースに変更したらアレルギー症状が和らいだ

ドッグフードを魚ベースに変更したらアレルギー症状が和らいだ

7歳になるトイプードルの女の子を飼っています。毛色はクリームで、食べることが大好きなおっとりした子です。これまでは大きめの犬ばかり飼っていたので、初めての室内犬。そのため、最初は戸惑うことも多かったです。

家の中でのトイレのしつけや毎月のトリミングなど、わからないことだらけだったので、ペットショップの店員さんに相談したり、インターネットで調べまくりました。そして、その結果ワンちゃんにもアレルギー体質の子がいることを知りました。

トリマーさんに指摘されて愛犬がアレルギーだと気付いた

きっかけとなったのは、2歳になった頃の出来事です。昔から目ヤニはよく出ていましたが、ここ最近目の周りに赤みが出てきました。しかも目をシパシパさせて痒そうにしています。

始めは目の中に毛が入ってるのかとか、目頭の毛が伸びてきたのかと思ったのですが、目ヤニが前のように固くてすぐに取れるものではなく、グチュグチュした感じになりました。

更にその部分から湿ったような、すっぱい匂いがしてくるではありませんか。前はトリミングに出したらニオイもスッキリ取れて目の周りもフワフワして帰ってきたのが、涙でベチャベチャでやはり少し臭うようになったのです。

トリマーさんに相談したところ、「確かにココちゃん(愛犬の名前)最近目の周りが赤くて痒そうですね、もしかしたらアレルギーとかかもしれませんよ」とアドバイスをいただきました。

また、肉球の間やお腹も少し赤みがあることを、そとのきに教えてもらったんですね。思い返してみると、たしかにフセをした状態で、足の裏をよく舐めていたことがありました。

ぶつけたり傷が付いた赤みではなく、皮膚が薄く少し腫れている感じなので、デリケート(人間で言うところの敏感肌みたいなもの)になっているようですとも言われました。

こういう皮膚の状態など、沢山の毛に覆われているし家だと嫌がってあまり見せてくれないので、トリマーさんに相談してよかったです。しかしワンちゃんのアレルギーの検査ってかなり高額なんですね。

ただ、その時点では全身に症状が出ているわけではないし、痒みも常にあるわけではないようなのでシャンプーとご飯で様子をみることにしました。

ドッグフードをチキンベースから魚ベースに変更

なお、それまでにはチキンベースのカリカリのドッグフードをあげていましたが、ペットショップの店員さんに相談したところ、決してそのご飯も悪いわけではないですが、鶏肉からお魚ベースのドッグフードに変えてみてはいかがてしょうか_と提案されました。

ただ、どれだけ高くて栄養価のいいフードでもその子の体質に合わないことはあるので、まずは3日分のサンプルをもらって試し見ることに。教えて頂いた通り、今までのフードとお魚ベースのものを半分ずつの分量であげてみました。

赤ちゃんの頃からずっと同じメーカーのものしか食べていなかったので心配していましたが、さすがの食い意地で秒殺で食べてくれたのでひと安心。それからお魚ベースの方を少しずつ増やしていって、最後はそれだけで食べさせました。

便がゆるくなったり吐いたりもなかったので、改めて購入することに決めました。そして、そのフードを1ヶ月間食べてみると、目の周りのグチュグチュの目ヤニが減っていったんです!

赤く腫れていたところは、今は鎮静したようで赤黒く色素沈着のようになっています。なにより目を痒がっているのが可哀想だったので、それが治まったことが嬉しかったです。

ワンちゃんも人と一緒で、アレルギーが年齢を重ねていくうちに出てくることもあるんですね。もう愛犬は年齢的にはシニアに入ったので、お年もふまえて体質の変化に気をつけてあげたいと思います。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.