1. ホーム
  2. おでかけ
  3. ≫ドッグランのデビューする前に!4つのメリットとマナー

ドッグランのデビューする前に!4つのメリットとマナー

ドッグランする犬

ドッグランといえば、ワンコたちの社交場です。犬を飼い始めたら一度は行ってみたいですよね。しかしいざ行くとなると「他のワンちゃんと仲良くできるか」「飼い主さん達とどう接したら良いのか」不安に思うこともあると思います。

そこで今回はドッグランデビューを考えている飼い主さん達に向けて、参加する際のマナーの解説します。

ドッグランの4つメリット

1.他の犬と慣れることができる

他の犬と仲良くする

普段、家で過ごすだけでは、なかなか他のワンちゃんと触れ合う機会を作ることはできないですよね。ウチのワンコがそうですが、他のワンちゃんに慣れていないと、散歩中にすれ違う犬に吠えたり、犬同士のコミュニケーションを上手く取れなくなってしまいかねません。

日頃から犬同士のコミュニケーションに慣れておくと良いですね。そのために犬が大勢いるドッグランへ行くことはたいへん有効といえます。

2.屋外を思いっきり走り回れる

走る犬

家の中にいると思いっきり走り回るというのは、相当広い家でないかぎりなかなか難しいですよね。散歩中も飼い主さんがリードを持っていなければいけないので、自由に動くことはできません。

そんなか、ドッグランへ行けばノーリードで自由に動きまわることができます。犬のストレス発散、運動不足解消に役立ちます。

3.飼い主さん同士のコミュニケーションになる

犬の飼い主同士のコミュニケーション

ドッグランは飼い主さん同士のコミュニケーションの場でもあります。普段は知り合わないような人と知り合うことができますし、犬のお悩みなんかも共有することができます。

そんな仲間ができることは大変心強いものです。犬のためだけではなく、飼い主さんにとってもドッグランへ行くといいことがあるのです。

4.一緒にお出掛けすることで飼い主と犬との絆が深まる

飼い犬とのおでかけ

犬と一緒にお出掛けをする、何かを一緒にやるといった体験の共有は、お互いの絆を深める絶好のチャンスです。一緒に電車や車に乗ってドッグランへ向かうまでの道のりも大切なプロセスのひとつです。

ドッグランへ到着してからも、一緒に走ったり遊んだりする体験は、飼い主さんとワンコとの絆を強くします。信頼関係の築くうえでも重要なことと言えます。

ドッグランに参加する上で大切な4つのマナー

ドッグランはノーリードで犬が自由に動き回れる、数少ない場所のひとつです。自由が許される分、マナーをしっかり守る必要があります。

愛犬が楽しく過ごせるよう、他のワンちゃんに迷惑をかけることなくお互い気持ちよく遊べるよう、気を付けるべきマナー4つについて解説します。

1.排泄を済ませておく

犬の排泄グッズ

基本的にドッグランの中で排泄をしてはいけません。犬は走り回ったり運動した後、排泄を催しやすくなります。ドッグランの中で排泄してしまうことのないよう、敷地内に入る前にトイレを済ませておくと安心です。

それでもドッグランの中で排泄してしまった場合は、焦らず速やかに処理します。そのためにウンチを入れる袋や、オシッコを吸い取るシート、排泄した場所にかける水など用意しておくと良いでしょう。

もし排泄してしまった場合も、ワンちゃんを叱ったりはしないでくださいね。ドッグランにトラウマを感じさせる可能性があるからです。飼い主さんがしっかり管理してあげることが大切です。

2.首輪は外さない

ドッグランの中ではリードを外してしまって構わないのですが、首輪は外さず付けたままにしておきましょう。首輪まで外してしまうと、犬をとっさに捕まえたいと思った時に捕まえるのが大変です。

もし犬が暴走してしまったときや、他の犬から追い掛けられて、そこから救出したいときなど、首輪がついていればすぐに捕まえることができます。

3.すぐにリードを外さない

犬のリード

ランの敷地内に入ったからといってすぐにリードを外さないようにしましょう。確かにランの中はノーリードOKです。しかしリードを外した瞬間、犬は慣れない場所に興奮して暴走する可能性があります。

ドッグランは、ワンちゃんも大勢いますし、ノーリードで屋外に放されるなど、犬にとってはとっても刺激的な場所なのです。まずはリードをつけたまま、ゆっくり敷地内を歩くことから始めましょう。

犬が落ち着いていることを確認し、空間に慣れてきたと判断してから、リードを外すようにします。

4.発情期・生理中は避ける

当然のことではありますが、犬が発情期や生理中の場合はドッグランへ行くことは控えるようにしましょう。発情期のワンちゃんは興奮しやすいですし、メスのワンちゃんに発情しマウンティングしてしまう可能性があります。

また、生理中のワンちゃんも、精神的にデリケートな時期ですし、周りのオスのワンちゃんを興奮させてしまいかねません。それはオムツやパンツを履かせたとしても同じことです。大体そういったシーズンの一ヶ月間は、入場を制限している施設が多いようです。

その他、皮膚病や寄生虫など他のワンちゃんに感染する可能性がある病気がある場合も入場を避けるべきです。ほとんどのドッグランでは、狂犬病予防や混合ワクチンを接種した証明書を提出することを義務付けています。

まとめ

ドッグランへ行くメリット、実際に行くときに気を付けることなどを解説させていただきました。

犬にとっても飼い主にとっても、ドッグランは楽しい遊びスポットです。マナーを守り、他のワンちゃんとも仲良く、楽しく過ごせると良いですね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.