1. ホーム
  2. おでかけ
  3. ≫犬を預けられる施設やサービス【保育園やペットシッター】

犬を預けられる施設やサービス【保育園やペットシッター】

犬を預ける施設

皆さんはわんちゃんと一緒に暮らす中で、気がかりな事やこんなサービスがあったらいいのに…と思うことはありますか?旅行に行くのでペットホテルにわんちゃんを預けたけど、可哀想で楽しめなかった経験や日中は仕事をしているので、わんちゃんが長時間一人ぼっちなのが心配です。

家事や育児が忙しくて散歩にあまり行ってあげられない時も気になります。様々な場面で、大切なわんちゃんに寂しい思いをさせているのではないかと、悩まれている方はとても多いようです。

そこで、一時預かりが出来る施設や新しい形態のペットホテルなど、わんちゃんも飼い主さんも前向きに過ごせる施設やサービスをまとめてみました。

1 一時預かりサービス

犬と本読み

外出で帰りが遅くなる場合、お留守番をしている愛犬が心配で仕方ない時があります。ペットホテルをお願いする程でもないけれど、長時間のお留守番は避けたいものです。

そんな時に気軽に利用できるのが、わんちゃんの一時預かりサービスです。1時間から利用可能なところが多く1DAYプランもあり、延長料金を払えば延長も可能です。

ずっとケージに入れるのではなく、わんちゃんは自由に動きのとれるスペースで過ごしたり、他のわんちゃんと遊んだり、お散歩のサービスもあるので、普段の生活スタイルを崩さずに利用が出来ます。どの施設もスタッフが犬をきちんと管理しているので、安心して預けることができます。

ショッピングモール内に犬の一時預かりがあるところも増えており、安心してお買い物や食事が楽しめるのが嬉しいですね。

2.わんちゃんの保育園

幼犬

仕事で留守にすることが多いと、愛犬が寂しいのではないかと心配です。人間の子供が保育園に行くように、犬の保育園も増えてきています。家まで送迎してくれるところもあり、保育園ではお友達のわんちゃん達と自由に活動できるスペースで一緒に過ごし、お昼寝や遊びの時間を楽しみます。

ドッグランで走り回ったり、しつけの時間があるなど、保育園によって特色があり、入園が不安な場合は事前見学や相談も可能です。週何日と選択して毎週決まった曜日に預ける保育園と、チケット制で都合によって預ける保育園があります。

また、ほかのわんちゃんと触れ合うことで社会性を学んだり、トレーナーさんにしつけを教えてもらいたいとの理由で、預ける方も多いそうです。トイレがちゃんと出来るようになったり、無駄吠えしなくなったりと、自宅だけでは解決できなかった問題行動をトレーニングできるのも、保育園の良いところです。

3.ケージに入れないペットホテル

ベッドで寝る犬

ペットホテルは犬を小さなケージに入れっぱなしにするイメージがあります。旅行の際に飼い犬をペットホテルに預けたが、帰ってきてから性格が変わってしまったとか、体調を崩して戻って来たなど…あまり良い話を聞かないので、旅行を控えている方も多いようです。

しかし、最近はわんちゃんがストレスフリーで過ごせるように工夫を凝らしたホテルが増えてきています。ケージフリーで犬が自由に過ごせるホテルや、いつでも犬の様子を確認できるライブカメラの設置があるホテル、24時間営業のところもあります。

また、夜に愛犬と一緒に寝てくれる所もあり、一人で眠れない寂しがりやのわんちゃんには嬉しいサービスです。どのホテルも犬の性格や様子でスタッフが対応してくれるので、安心して預けることができます。

保育園やしつけ教室と併設していたり、オーナーさんの自宅をホテルにしているところでは、普段家に居るのと同じように過ごす事ができます。飼い主さんの好みやニーズに応じて施設を選ぶことが出来るのが魅力です。

4.自宅に来てくれるペットシッター

ペットシッター

急な出張や飼い主さんの入院、冠婚葬祭など、どうしても飼い犬を預ける必要が出てくる時があります。環境変化が苦手な犬や、以前ペットホテルを利用したが合わなかった場合など、ペットホテルや一時預かりが難しいわんちゃんもいます。

そんな時に知っておきたいのが、飼い主さんが留守の間に自宅に来てくれる、ペットシッターです。シッターさんは犬のお散歩やごはん、トイレ掃除など希望のケアを行なってくれます。

愛玩動物飼養管理士などの資格をもっているシッターさんや戸締り確認を徹底して行なうところが多く、指定された部屋以外には入らない、写真付きメールでわんちゃんの様子や戸締りのお知らせをするなど、安心して利用できます。

観葉植物の水やりや部屋の換気など、時間内であればお願いすることも可能です。仕事で帰りが遅い飼い主さんが散歩とごはんをお願いしたり、家にはいるけれど育児などで散歩に行けない場合に散歩サービスのみを利用できたりと、様々な用途に使えるのがペットシッターさんのメリットです。

まとめ

大切な家族の一員であるわんちゃんには、出来るだけ寂しくないように毎日幸せに過ごしてほしいですね。保育園やペットシッターなどを上手に利用することで、犬も飼い主もゆったりとした気持ちで過ごせるようになります。

我が家でも1泊2日の旅行のときに飼い犬をペットホテルに預けました。事前にお願いすれば送迎もしてくれますし、ご飯とおやつも飼い主が用意したものだけを与えるので安心です。お散歩はもちろん、他の犬と遊べるのでうちの犬はたくさん動けて楽しかったようです。

また、スタッフが一日の状況をメモをして、お迎えのときに犬がどんな様子だったのか教えてくれるので、どんな風に過ごしていたかを確認することができて安心でした。

ペットホテルや保育園では事前に一時預かりで様子をみたり、見学が出来るところが多く、丁寧なカウンセリングやカルテ作成を行なうので、預けるのが不安な方は納得のいくまで相談することが出来ます。

愛犬も飼い主も楽しくハッピーに過ごせるように、生活スタイルやニーズに合せて施設やサービスの利用を検討してみませんか?

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.