1. ホーム
  2. みんなのワンコ
  3. ≫妻を亡くして家族が悲しんでいた時に家にやってきたミニチュアダックス

妻を亡くして家族が悲しんでいた時に家にやってきたミニチュアダックス

我が家の愛犬はミニチュアダックスフントのミントは、今から13年前に我が家にやってきました。

当時の我が家は、最愛の妻を病気で亡くしてしまことで、私も娘も悲嘆にくれていました。何をするにも元気をなくし、TVの番組も空虚で、まるで灰色の毎日が過ぎていくような、つらい日々。

妻を亡くしたのので、私と小4の娘一人、その頃飼っていたコーギーのオスのワンコと、二人と一匹の暮らしになりました。そんなとき、ふと親子で話し合い、もう一匹犬を飼おうかということになったのです。

ペットショップで見たミニチュアダックスに一目惚れ

そして、ホームセンターのペットショップへ娘と犬を見に行きました。試しに、「この子を抱かせてくれませんか。」と、お店のご主人に頼んでみると、「あ、いいですよ。」と。ケージから、その子を出してくれました。その犬はメスのミニチュアダックス。

「はい!」と、渡された、その子犬は、まるで、旧知の家族に会ったばかりのように、尻尾をブルンブルンと降ってくれて、喜んでくれているのがすぐにわかりました。

こんなに喜んでくれているんだと感動し、その瞬間に「この子を買おう」と心は決まりました。娘と、顔を見合わせて驚いていましたので、娘も、全く同じ気持ちだったようです。

二人でうなづいて、この子を家に連れて帰ると決めました。この出会いは、今でもずっと忘れられない、最高の瞬間でした。

ミントのおかげで家族に笑顔が戻った

妻を亡くしてから、初めて笑うということをさせてくれたのも、このワンちゃんのおかげです。久しぶり、うれしいと思える気持ちがよみがえってきました。

名前はミントと娘が名付けたその子犬も、今では13歳になりました。メスですからおばあちゃんの年齢です。性格はとても優しいです。

ミントと出会うまでは、ミニチュアダックスを買ってみたいと思ったことは一度もなかったのですが、この子に癒されて、毎日過ごしてみて、ミニチュアダックスとは、こんなにも可愛い存在だったのかと気付かされました。

先に飼っていた、ウェルシュコーギーは13歳で天国に先に旅立ってしまいましたが、ミントは、今も元気で笑顔を振りまいてくれます。

犬にも表情はあるし、泣いたり笑ったりもする

犬が好きでない人には言ってもわかってくれませんが、ワンコには表情があって、笑ったり、悲しんだり、めそめそしたり、喜んだりしています※。

※ 実際に犬が涙を流して泣くこともあります。例えば、次の記事で登場するワンコは保健所から引き取られるときに涙を流していました。
【参考】前の飼い主に虐待されていた犬を保健所で引き取りました

また、食べることがとっても大好きで、何でも食べますが、特に、フルーツや、お魚、チキンのおやつは大好物です。市販のペットフードは、時々飽きてしまうようになりましたが、いくつになっても食欲旺盛でいてくれることは、元気の証ですので、とても喜ばしいことです※。

※ 犬に食べさせてはいけない食べ物については、次の記事でまとめていますので、ワンちゃんの食事に注意したい方は、そちらの内容をご参考にしてください。
【参考】犬に食べさせてはいけない食べ物まとめ

娘も大きくなり、いつの間にか、23歳になり、今では、病院で保健師として働く社会人の一人になりました。

これからも、長生きして、できるかぎりミントと一緒に過ごしていき、一緒にいる時を楽しんでいきたいと思います。おとなしくて、とても優しい性格のミントには私達の大切な家族の一員です。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.