1. ホーム
  2. ワンちゃんの健康
  3. ≫犬の去勢や避妊について@本当にやる必要はあるの?

犬の去勢や避妊について@本当にやる必要はあるの?

犬の家族

あなたの愛犬は、去勢もしくは避妊を済ませていますか?去勢や避妊を行うことが必ずしも正しいことではありません。もちろん間違ってもいません。避妊や去勢には賛否両論の意見があり、正解は無いのです。

今回は、避妊・去勢を行わなくてはならない場合や、行う場合のメリット・デメリットについてお話します。

男の子の去勢について

犬の後ろ姿

犬の、雄の生殖能力を無くすことを「去勢」と言います。全身麻酔で手術を行います。手術方法はさまざまで、開腹術や腹腔鏡での手術があり、一般的な手術方法は、両方の睾丸を切除することです。

費用は1~3万円程度ですが、腹腔鏡を使用した場合は10万円近くかかることもあります。だいたい15分程度で手術は終了です。

去勢を行うことのメリットは、望まない妊娠を避けることができる、精巣の病気にかかることがなくなる等です。まれに、性格が穏やかになったりすることもありますが、去勢手術をしたからといって、マウンティングをしなくなったり、足をあげておしっこをしなくなるなどはあまりありません。

去勢をしても、マウンティングをしたり足を上げておしっこをする子もいます。

デメリットとしては、子孫を残せなくなる、太ることがある、などです。

女の子の避妊について

柴犬

雌の場合に、生殖能力を無くすことを「避妊」と言います。雄犬と同じく全身麻酔で手術を行います。術式は開腹がほとんどで、場合によっては腹腔鏡での手術を行う病院もあります。

一般的には、子宮と卵巣を取ってしまう手術を行います。費用は雄犬より若干高いです。また、雄犬より手術時間も長くかかります。雄犬はたいてい日帰りですが、雌犬の場合は入院させる病院も多くあります。

避妊を行うメリットは、望まない妊娠を防ぐ、子宮や卵巣の病気に悩まされなくて済む、乳腺の病気になる確率が減る等です。デメリットは子供が残せない、太ることがあるなどです。

去勢や避妊を行わなくてはならない場合

女医と犬

この理由の多くは、「望まない妊娠を避ける」ことです。多頭飼いをされているお家で、性別の違う犬を飼われている場合、子供を産ませる目的が無い場合はどちらかを去勢・避妊しなければ妊娠する可能性が高くなります。

当然、絶対に妊娠してしまうとは言い切れませんが、逆に妊娠しないとも言えません。犬には理性がなく、本能で子孫を残そうとするため繁殖については躾でどうにかなる問題では無いです。

この理由の他に手術が必要な場合は、保護犬を迎える時です。一般的に、愛護団体から犬を引き取る場合は、去勢もしくは避妊が義務付けられています。手術が終わってから譲渡されることも少なくありません。さまざまな理由がありますが、これもやはり望まない妊娠を避けるのが目的だと言えます。

その他は、病気による摘出手術です。前立腺に病気が見つかった時や停留睾丸という疾患である場合、雌犬では子宮蓄膿症という恐ろしい病気がありますので、この場合は治療というよりは避妊・去勢を勧められます。

避妊・去勢は可哀そう?

頭に何かつけている犬

人間の場合は、妊娠を望まないのであれば、さまざまな工夫をすることができます。しかし、動物は妊娠に対して望んでいるという概念はありません。種を存続するために、必要な行為で人的に手を加えない限りは、例え血縁関係であってもほっておくと性交渉を行います。

手術をさせるにあたり、嫌いな病院に行く、不安にさせてしまうなどのことから、確かに「可哀想」ではあるかもしれませんが、手術することが本当に可哀想なことかどうかは別の話です。

全身麻酔ですし、健康な体にメスを入れるわけですから当然リスクはあります。しかし、望まない妊娠をさせてしまい、結果仔犬を処分しなければならないのだとしたら、その方がよほど可哀想ではないでしょうか?もちろん、妊娠・出産にあたっては、母体にかなり負担がかかることも忘れてはいけません。

まとめ

舌を出す犬

避妊・去勢についての賛否両論は永遠のテーマであるとも言えます。結局は飼い主さんが決めることですので、どちらが正しくてどちらが間違っていると言えないのです。

手術が必要だと思って受けさせることも、必要ないと受けさせないことも、飼い主さんが考えて出した答えであればそれが正解なのです。避妊や去勢手術自体は難しい手術ではありませんが、麻酔のリスクは必ずあります。

麻酔から覚めずに死亡した子もいます。術前検査をしっかり行っても絶対に大丈夫というわけではありません。

ですが、犬を飼うということは、さまざまな場面を想定して対処していかなくてはならないことが沢山あります。「命」と一緒に過ごして行くわけですから、ご家族にとって、またわんちゃんにとって何が一番良い方法であるかをよく考えて決断してくださいね。

【注目!】安全でおすすめのドッグフードランキング

ドッグフードおすすめランキング
愛犬が健康で長生きをするために、安全でおすすめのドッグフードをランキング形式で紹介中。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.